2012年05月20日

ACLは予選突破も1位通過ならず。

ACL2012、グループF最終節、対蔚山現代のアウェイ戦は
残念ながら0-1で敗戦。
この結果グループ2位通過となり、
次のラウンド16は広州恒大とアウェイでの対決となりました。

蔚山戦は内容は良かったものの決定力に欠け…という、
ウチにありがちなゲームですが、
そこをもう一勝負して点が取れないと、
アジアを突破することはできない事を学ばせてもらいました。

石川、太田宏介が居ないかわりに
徳がCB、SBにヒョンス、
トップ下に河野が入りました。
ボランチが秀くんとヨネ。

この新しい布陣は立ち上がりからアグレッシブに機能し、
ワクワクする攻撃を見せる。
なかなか良い内容も、前半、蔚山にFKのワンチャンスを決められてしまう。
その後も良いサッカーをしつつも、
1点を取ってさらに引いた蔚山に若干相手に守られてる感じに。

梶山、ルーカス、林 容平くん投入して最後まで攻めたが
良い攻撃も実らず敗戦。

正直もっと河野が見たかった。
彼のアグレッシブさと勢いは、
点が入りそうな匂いがあったが、
梶山と交代となってしまった。残念。

徳のCBが思いのほかいい。
後からのつなぎの部分も良いし、
イグノやマラニョンを押さえたのは徳がいたから…と言えそうなくらい。

初出場の林くん、良かったです!
もう一度見たいです!

引き分けでも1位通過だったし、
内容も悪くなかったので、
なんとか1点が欲しかったが、
蔚山のGKが正直良かったね。
後あのコロンビア人のボランチは良かったわ。
残念でした!

現地の応援がよく聞こえてました!
現地組ありがとうございました!
東京サポ魂がアジアに見せられたと思います!誇り!
それにしても礼央さんよく映ってたなぁw

==========
次の相手の広州恒大は東アジア有数の金満チーム。
昨季昇格1年目で中国スーパーリーグを圧倒的な戦力で優勝し、
今季も現在7勝1分け2敗の首位にもかかわらず、
監督を更迭して元イタリア代表のリッピ監督を招聘し、
ドルトムントのバリオスを獲得とか、わけわからんw
年棒が何億という選手がゴロゴロしてるそうな。

当然こんなチームに負けるわけにはいかない。
イーストブルーで魚人の支配する島に挑むイメージ。
アジア王に俺たちはなる!(ルフィ風に)

==========@zan


posted by zan at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。