2012年05月12日

リベンジのチャンス到来!札幌戦は熊魂で鮭を取る!

リーグ戦3連敗中だった東京。
アウェイ新潟戦で勝利!連敗脱出しました!パチパチパチ!

前投稿で書いたように、
コースが見えたらもっとシュートの選択があっていいんじゃないかと
シュートの積極性を提唱しましたが、
そんな感じで東京の10番梶山くんのゴールが決まり、
正直2点目はごっつぁんギミでしたが、
これもゴールへの積極性のおかげ。
むっくん(椋原)の攻撃参加の積極性もよかった。

J2で過ごした昨年もそうでしたが、
引いてくる相手にそうそうビッグチャンスは来ない訳で、
ましてJ1レベルで引かれるとなおさら。
こじ開けるすき間のチャンスにどう反応できるか。
小さなチャンスの芽を積極性に結びつけてこそ、
相手は嫌がるし、
それをやってこそ、
点に結びついたし、
その後はその「裏の攻撃」という選択肢も活きてくる。
同じリズム、同じ攻撃では守る側が対処しやすいのはあたりまえ。
パスサッカーをして有用なのは、
ボールを支配する間にいろんな選択肢(チャンス)が見え隠れする事。
そのチャンスの一瞬のすき間を突けるようにならないと、
単にボールを回すだけのサッカーになってしまって、コワくないからね。
(むろんビッグチャンスは逃したくないわけだが。)

もちろん、その積極性が裏目に出てカウンターを食らう事があるかもしれないが、
それは宿命とでも言おうか。
最低、相手陣内でパスが回せていれば、そのリスクは少なくて済むはずだ。

という訳で、広島戦程ベタ引きではなかったが、
常にリトリートしてきていた新潟のゴールをこじ開けて勝利できたのは、
今後に向けては良い印象だ。

リスク回避もCB徳永という選択でできてたなぁ…。
いや、徳ちゃん好きだから良いんだけど、
正直もっと控えの本職CBがんばってよ。
っていうか、育って欲しいね。
徳ちゃん!Good Job!でした!
体張れるし、つなげるし。

==========
さて、きょうはアウェイ札幌戦。

去年のJ2最終節、完敗したショッパイ思い出。
J2での東京の戦いは、僕の方がしてやられた熊トーキョーのサッカー。
僕らはまずは走って球際で闘ってなんぼ。そんなチームではなかったかな。
サッカーの本質。
J2リーグ戦の最後にそれができなかったあの札幌戦。
ここはリベンジのチャンス到来だ!
J2での借りをJ1で返すっ!(キリッ(`・ω・´ )ゝ
忘れかけてるJ2での戦いも思い出して、今後の推進力になるようなゲームにしたい。

相手のお株を奪うくらい走り、球際で闘い、
粘り強く何度でもボールを奪って、
攻撃につなげて行こう。

そして、つなぎ倒せ!
熊魂+ポポトーキョーの融合はアジア王に通じるはず!

取り忘れた熊魂で鮭(勝ち点3)取りだ!(置物かっ!…しかも強引w)
鮭弁!…じゃないや、叫べ!(…やはり強引w)
トーキョ!トーキョ!トーキョ!ヽ(`Д´ )ノ

現地組の方々、現地フィールドへの後押し、よろしくお願いいたします!

==========@zan


posted by zan at 11:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。