2012年03月14日

FC東京、アジアデビュー初戦を勝利で飾る!

ところで、前投稿と前後しますが、

ACL初戦、アウェイ、ブリスベンロアー戦は都内スポーツバーで観戦。

なんとか仕事のシフトは早くしてもらって、時間ギリギリにバーに到着。

ドキドキのアジアデビューでしたが、
徐々に東京のボール回しが相手を上回り始めると、
あとは点が入るのも時間の問題といった展開に。
そんな展開のうちに点を取っておかねばと思っていたところへ、
前半終了寸前のロスタイムに
ヤザーのゴーーーーール!
ホッとしたと同時に歓喜のバー内w
皆でハイタッチして盛り上がったなぁ…。

それから後半も東京のペース。
相手にボールをもたれても危険な感じがあまりしない展開にできているのは、
確実にJ2で鍛えられた部分だ。

フジゼロックス金町杯に続くアーリアくんのゴールで試合は決定的に。
ニュウさんはアジアに通じる働き!
秀くんも良かった!

ブリスベンロアーには悪いけど、
正直去年まで見てたJ2での試合に近い内容でした。

ただし、これが次またブリスベンと当たる時も同じとは限らない。

…ということも、J2で学んだ事。

J2で学んだ事を忘れなければ、
なんとか戦えるのではないだろうか。

と思った、ACL初戦でした。
ACLがJ2レベルって話じゃないよ。
サッカーの本質の話。

U23がアウェイで苦戦してるのは、
J2レベルの試合をしてないから。
良いフィールドでウマさの練習ばっかりだと
ACLは勝ち抜けない。

『J1は技術を磨く場所。J2は魂を磨く場所。』
by佐藤由紀彦(…のコメントらしい)(これはツイッターで見かけた言葉。)

==========@zan


魂が無いと勝ち抜けないよ。
東京は快勝だったが、
他のJチームは軒並み苦戦。
やっぱりアジアはただじゃすまないステージ。
今回はたまたま快勝できたと考えた方が良さそうだ。
ホントJ2で戦った事を忘れるな。
J2での自分達の戦いもそうだし、
J2で自分たちに向かってきた相手の戦いも忘れてはならない。
ああいう泥臭さを基本に持ってないと
やっぱりアジアは勝ち抜けないんだろうなと思った次第です。

がんばろうにっぽん。
がんばろうJ
がんばろう、東京。


posted by zan at 01:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。