2011年12月30日

元日決勝だ!ヽ(`Д´ )ノウォー!J2なめんな!

我がFC東京、やりました!
元日決勝進出です!!
わー、ぱちぱちぱち!!!

J1セレッソ相手に今回も良い内容で勝てました。
素晴らしいです。
前半も後半も試合運びがうまかったです。
ウチのチームはいつの間にか強くなってました。
J2のリーグ戦の中だけでは分からなかった事が、
J1チームと対戦して、分かるようになってきました。
相当良い戦いをしてると思います。
浦和戦もセレッソ戦も内容的に素晴らしいです。

浦和戦は後半は課題ありと思いますが、
セレッソ戦は後半も良い内容と思います。
その差のひとつは選手交代。

浦和戦ではセザーが出て、しっかり攻守に消えてました…orz
(田邉)草民も達也も出てから効いてる感じがあまりしなかった。

今回のセレッソ戦は(鈴木)達也くんを出した事により、
攻守のバランスも崩れず、落ち着いて戦えてたと思います。
セザーを出すんじゃなくて、達也くんを出した事は、熊さんの今回の功績です。
達也くんは浦和戦でも守備ではよく走ってくれますので、
リードしてるときは大ハズレはないという感じ。

さらに下ちゃん(下田選手)を足のツッたヤザーと交代というのも良かった。
この大事な局面で下ちゃんを使ったのは熊さんの置き土産かな。
しっかり守備のメッセージをフィールドに送りました。
多分スライドで梶山が前に。(スポツバーでTV応援してる時に確認できず…)
ボールキープもある程度出来てて、前回浦和戦からの反省が生かされていました。
最後は時間を使う為にナオから(中村)北斗へ交代。

今季、大熊さんの采配の中で一番良かったんではないでしょうか。
もちろん欲を言えばきりがないですが、上出来です。

水戸、浦和、セレッソと1-0の試合でゲームをものに出来てる事は
本当に粘り強く勝てるチームになってきてる感じがします。
そして段階を踏んで内容が良くなってきています。

ここに来て、熊さんの評価は僕の中で上がっています。
改めて熊さんに謝らなければ。
大熊さん、すみませんでした。
戦う粘り強さをチームは身につけたと思いますし、
熊さんのいう通り
これは今季戦ったすべてのJ2チームに鍛えられた証で、
僕らは育てられたんですね。
その誇りを持って、決勝も京都とぶつかり、来季J1に挑みたいと思います。

熊さん、もう一試合、一緒に戦いましょう!

J2街道の締めを京都戦で終われる幸運を僕らは手に入れました。
この試合を勝って、J2を卒業したいと思います。

行くぜ元日決勝!
勝つぜ!京都にリベンジ最終章!
2010年12月4日を忘れない!
アジアへというより、この方が僕にとって重要事項。
この試合、京都には絶対に負けられないんだ!
makerannai_mihon2.jpg

♪おーオレの東京、誇りを持ち
 立ち上がってみんなで歌おう
 らら、らら、らら、らら、らら、らら
トーキョ!トーキョ!トーキョ!ヽ(`Д´ )ノ

==========@zan


──J2をなめてました。
──でもJ2をなめてると痛い目にあいました。

今年戦ってきたJ2。
思ったより沢山のお土産を持ち帰ってきた感じです。

思えば、今季J2から昇格したばかりの柏のJ1制覇と世界4位、
J2で活躍した香川のドイツでの活躍、
浦和から始まり、川崎、広島、セレッソとJ2で立て直したサッカーはJ1に花開いています。
J2が育てた選手やチームが、J1や世界に出て、実際にその活躍が証明されています。
地域でがんばって作っている小さなチームがいっぱいあるという事が、
どれだけ日本のサッカーを育て強くしているかを知って欲しい。
J1だけがサッカーじゃない。
ヨーロッパサッカーだけがサッカーじゃない。
現にバルサとアルサッドの試合を見に行きましたが、
J2の試合の方がよっぽど面白かったなぁ。。。(金返せ!)

だから、J2に行こう!
バルサだけがサッカーじゃない!

今回は天皇杯決勝で
強引に日本の皆さんをJ2の試合にお連れするのです!

さあ、見て下さい!J2を!

==========
今回天皇杯はJ2同士の決勝となりましたが、
これは日本サッカーの底が上がってると見た方が良いと思いますが、いかがでしょう。
国内リーグのレベルが下がってるんじゃなくて、上がってると。
もしくは日本サッカー全体のレベルが上がる過程の一事象です。
もちろんJ1チームの不甲斐なさを問わなければなりませんが、
それ以上にJ2のレベルは上がっている事を伝えたい。

その意味で、ドルトムントの香川くんの功績はホントに大きいし、感謝したい。
J2でも試合に出続けられれば、大きく成長できる事を示していて、
だからこそ、J2の選手のモチベーションもグッと高くなったし、
FC東京の選手がほとんど今季残ってくれたのも、香川くんの活躍が大きいと思っています。

==========
そして今回天皇杯決勝で東京の選手たちの成長した姿を見せられるのは、
やっぱりJ2で鍛えられ育てられたから。

京都も今季若いチームをじっくり育ててきた。
がまんしてがまんして、自分たちのサッカーを積み上げてきた結果が今回の決勝。
本当に素晴らしい。

正直バルサもそうだけど、
チームとして機能する事が良いサッカーができる条件となってきている。
すごい選手をいっぱい集めても、必ずしも良いサッカーが出来るとは限らない。
バルサの選手も他のチームに行けば、埋没してしまう事は、
アルゼンチン代表のメッシを見れば分かる通り。

東京と京都は共にJ2に落ちて、
東京は主力選手が残り、
京都はごっそりメンバーが変わった。
その2チームは序盤のJ2での戦いは共に苦労した。
東京は主力選手が残ったのに、けが人が続出し、
さらに求めるサッカーが慣れないものだったために散々なゲーム内容が続いた。
京都も選手が入れ替わり、一からの再出発で、序盤は散々な成績だった。

そこから両チームとも試行錯誤を繰り返しながら、
東京は求めるサッカーを決めてからは、ブレずに戦ってきたし、
京都は一貫してブレずにチームを作っていった。
東京は他からズルいメンバー構成と言われ結果も求められた中でのチーム作りだった。
一方京都は序盤結果は二の次にしてもチームを立て直す事を貫いた。

東京が今季リーグ戦で京都に2戦とも大勝しているのは、
京都が相手が東京だからといって引いて守る事をせず、
自分たちのスタイルを安易に変えなかったから。
その成果がJ2後半の京都の戦いであり、今決勝到達なのだ。
僕的には無名だった選手たちが今は輝いている京都。
無名選手でもJ1と戦えることが証明された。
京都すごいです。

ズルいメンバーだったが結局は必死にチームを作ってきた東京。
対戦相手が毎回総力を挙げて東京戦に挑んで来る中で、結果を残すのは至難の業だった。
その中で鍛えられ育てられた。

この決勝は当事者にとっては一年間の戦いの証であり、深く意味のある対戦。
組織的に機能するべく一年間作り上げてきたチーム同士の戦い。
東京にとって京都はJ2に落とされた因縁の相手。
リーグで2勝していても、この舞台で負けたらまた振出しだ。
絶対に負けられない。
これまでの自分たちのサッカーをぶつけよう。

京都だって同じ相手に年に3敗は出来ない。
いまこそ同じサッカーでリベンジと考えているでしょう。

決勝では面白いJ2の試合をお見せしますYo!

だ・か・ら・・・

J2なめんなよ!


posted by zan at 12:22| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皮算用企画。。。
うちのどけちフロントが、スポンサーの地酒メーカー様のご協力で新潟のアーケード街で優勝パレードと振る舞い酒を企画を。。しかも当日の夕方て。。国立でやって銀座や渋谷でパレードじゃあないぞ。。新幹線で二時間かけて移動して、すぐて。。アルビサポはもしもの時は、天皇杯開始を待たずアウェイ側で数千人単位で空席が目立つかも?悪しからず。。。
Posted by はなびたいかい at 2011年12月30日 21:51
正直言って、京都相手だったら手のうちがわかってるから、FC東京からしたらマリノスが出てくるよりいいかなあとは思ったけど、試合の内容みたら、京都も伸びしろがあるので、ゆだんできないなあ。なんて思う。
でも、FC東京が天皇杯J2対決を制して、ACLも行ってとは思うなあ。
しかし、柏といいFC東京といい、神戸と次元がずいぶん上のところで戦ってる感じが・・・うちも、一桁順位いう目標は達成したけど。
てな感じで、今年もありがとうごさいました。
来年もよろしく。
Posted by うえ〜ぶ at 2011年12月30日 22:18
あけあめ
天皇杯優勝おめでとうございました。
そしてうちのレディースへの応援協力感謝します。
m(__)m
Posted by はなびたいかい at 2012年01月01日 19:31
>はなびさん
>うえ〜ぶさん

昨年もお世話になりました。
なんと天皇杯、優勝しちゃいました。
こんな事になるなんて。

はなびさん、新潟さんもエールをありがとうございました!ゴル裏の仲間がほぼみんな新潟の応援になってて、ほっとしましたw。良かったです。ほのぼのした感じになって、僕的には良かったです。で、コレオの紙を配りにそちらに行って、はなびさん探しましたが分かりませんでしたw
Posted by zan at 2012年01月05日 01:49
Zanさん探していただきかたじけない。
新潟から持参した折畳み自転車で少し離れた浮間舟渡駅から国立を目指したので、到着が開始直前に、空き席に座ったとたんビックフラッグの真下にすっぽりと隠れました。
本当に応援協力に感謝します。
Posted by はなびたいかい at 2012年01月05日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。