2011年12月24日

袴田事件でDNA鑑定の結果が出されました!

ご存知の方も居るかと思いますが、
私が応援している袴田巌さんが再審請求中のいわゆる袴田事件で
DNA鑑定が行われ、
犯行着衣とされる衣類についた血痕のDNAが、
弁護側鑑定人の鑑定によると被害者のDNAと不一致という結果が出ました。
あの「はけないズボン」を含む五点の衣類には
「被害者と同一人物だと判断できるものは一つも存在しない」ということらしい。

一方、検察側鑑定人は血液型すら検討しなかったという報告。

これはどう考えればいいのやら。

鑑定人の技術レベルの差がありすぎたのか。
技術レベルが同等なら、こんな差が出る程のことってあるんでしょうか。
DNA鑑定に詳しい人、教えて!

素人考えで失礼させてもらえば、検察側鑑定人の技術レベルが低かったと思わざるを得ない。
そしてもし、鑑定の技術レベルが同等だとしたら、
検察側鑑定人は意図的に「DNA鑑定」の仕事をしなかったということを否定できない状況だ。

いよいよ袴田事件の警察、検察のねつ造が科学的証拠をもって疑われてもおかしくない展開になってきました。
この期に及んで、検察側は都合が悪くてあの手この手でいろいろ抵抗するってことになっちゃうんでしょうか。
いや、それでは動く方向が反対だ。
検察としてプライドがあるなら
検察内部の不祥事を修正して教訓にして、あるべき検察にしていって欲しい。
早く正しい、国民にも分かりやすい検察にしていただきたい。
(正直もうこれ以上悪い方の検察には税金払いたくないという気持ち。無駄遣い。正直「はけないズボン」の地点で再審でしょうに!)
hakenai.jpg

今の検察なら検察内部の不正も見つけられるんじゃないの?
なんとか早く解決して、
一刻も早く袴田巌さんがご存命のうちに東京拘置所から解放して欲しいです。

そして裁判所には、すぐに再審にしてもらいたい。
検察のこの案件に対する不誠実さを裁いて欲しい。

日本の検察が、正しい方向に転換できますように。
日本の裁判が誤審を修正できますように。

hakamada_rubin.jpg
(ルービン・ハリケーン・カーターさん)

一刻も早く、Free Hakamada Now!!!
Free Hakamada Now!_glayB&Rb.jpg
==========@zan


posted by zan at 01:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 袴田事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。