2011年09月04日

清水智信選手、WBA世界スーパーフライ級チャンピオンに!!!

清水智信選手、ついに世界王者になりました!

わー!パチパチパチ!

==========
行ってきました武道館。

仕事終えてから速攻、ギリギリ。
武道館に着くと間もなく、もう選手入場。
20110831_1.jpg
清水くんの入場を見届けたあと、
友人がさらにギリギリで来たので出入り口に迎えに行って戻ると国家斉唱。
あの内藤戦の時は
チャレンジャー精神満々で世界取ったるで!
という感じだったのが、
今回は
もう負けられない、絶対世界を取る!
という心境で君が代を聞く。(オレがねw)

パンチの決定力、迫力という意味では世界戦では物足りなさを感じる清水くんだが、
とにかくコンビネーションワークで相手を追いつめるスタイル。
ジャブから入り、ボディ、ストレート、カウンターと組み合わせて
効果的にパンチを当てていく。
相手は傍目で見てるより思うようなボクシングができず、
上手くリズムが取れなくなっていく。
正統派ボクシング。玄人好み(たぶん)。

だからジャブが上手く出ていると清水くんのボクシングになる。

==========
3Rくらいまで、清水くん良い流れで来ます。
採点は五分かやや清水ペースといったところ。
20110831_2.jpg
4、5R辺りでチャンピオン、ウーゴ・カサレスが反撃。
大きな迫力あるパンチを繰り出してきて、本領発揮か。
このカサレス、勢い、リズムに乗ると嵩に懸かるタイプ。止められない。
このリズムに乗る前にタイミングの良いジャブで出ばなを挫いて
こちらにリズムを持ってかないと、このままでは相手の波に飲まれるところ。
危ない。やはり世界戦はただではすまない。

ところがその後、そんなにカサレスが来ない。
さっきので消耗したのか、清水くんのパンチが効いているのか。
長期戦を見てとって、試合巧者的に休む作戦か?…と素人(=僕)は考えているうちに、
清水くん、またジャブがイイ感じで出はじめる。
とにかく手数が清水くんの方が多くなっていく。
カサレスも手は出しているが、
あの4、5Rの波乗りビッグウェーブ的な攻め込む勢いはどうしたんだろう。
どこかで清水くんのパンチが効いてるのか、疲れたのか、
カサレスの勢いはそれ程来てなく、
ジャッジタイか、ポイントを清水くんの方が積み重ねていく感じで試合は推移。

素人目に良い試合をしているはずだが、ポイントはタイでもおかしくない展開と見て、
もう一越えしないと世界には届かないと、
応援してるこちらはもっとジャブを!と声が出てしまう始末w
最終12Rは、もっと攻めないと王者になれないのではと“ジャブジャブ”言ってる僕w
が、意外と冷静に対応した清水くん。
判定で勝ってると思っているのだろうか…と思っていたら、
あとで相手にそうとうヤラレてもいたということで、
あそこで精一杯のところだったと。
カサレスもこちらの見た目よりヤラレてた感じで、
どちらも大きなパンチが当たる場面はないが、
細かい攻防の中に、激しい戦いが繰り広げられていたようだ。

そこで判定に。

“ジャッジぃ〜、115−114、赤カサレス”
うげ〜、1ポイント差かよ、ひー…汗

“ジャッジぃ〜、115−113、青清水”
うわーーー!…喜

“ジャッジぃ〜、115−113、…以上2対1のスプリットデシジョンを持ちまして、勝者…
WBAスーパー・フライ級…”
うわーーーーーーっ!チャンピオン!ごにょごにょ…
うわーーーーーーっ!やったーーーーーっ!!!

大歓喜w。
20110831_3.jpg
ついに清水くんやりました!

==========
僕は2005年あたりに袴田巖さんの応援の事から、清水くんを知って応援しはじめて、
以来ずっと清水くんの試合はだいたい見てきました。
そしてついに世界チャンピオンです!
すごいぃぃぃー!

==========
金子ジムからのはじめての世界チャンピオンという事で
金子ジムの方々、本当におめでとうございます!

金子ジムさんは、袴田巖さんの事を、
今こんなにも認知度がない以前から、
日本プロボクシング協会が「袴田巌支援委員会」を立ち上げる前から、
トクホン真闘ジムさんと共にずっと支援して下さってました。

==========
あの前回の世界フライ級タイトルマッチ内藤大助戦の時の、
あそこまでできた、世界まであと一歩のところまで出来てた高揚感と残念感。
あの日から、次こそはと思っていたが、なかなか世界戦が廻って来なかった清水くん。
正直、次ポンサクレックや興毅くんとやる(戦う)のは清水くんと思ってましたから。
ランキング上位に居ても、フライ級はなかなか世界戦が出来ない状況が続いていたので、
(内藤戦はなんと2008年。3年も前!)
いきなり階級を一つ上げての今回の世界戦に、もうホントに心配もしました。
そうでもしなきゃ、世界戦出来ないのかと。
しかも直前にWBAの承認が下りるとか訳分からない事になってるし。
この間、国内の日本フライ級チャンピオンの防衛戦とか
結構難しい戦いを何度もクリアしながら世界戦が来るのを待ってた清水くん。
(池原選手、元気ですかっ!アントキはスゲカッタですよ!)
そんな幾多の困難を乗り越えてついに世界王者になりました!

清水くん、
おめでとう!おめでとう!おめでとう!

==========@zan


今年はすごいよ!

清水くんの世界王者に続き、

きっとFC東京の優勝!(J2結構厳しい…)

きっとスワローズの優勝!(今ヒヤヒヤ…)

そして・・・袴田巖さんがきっと東京拘置所から出てくる!!!(正直すげー厳しいが、いま再審の波が来てる!)

そんな忘れられない年になる(する)のだ!

個人的願望。

==========
そして、浮かれちゃいけない。違う意味で忘れない。
僕らの東京の電気が東京以外で作られてる事を。(↓これは2005年の時の...)
http://www.syuto-ene.com/syutoene/katudo/shinpo/report02_01.html
東京人は忘れちゃいけない。

ふくいち現場頑張れ。大変な作業はまだ続いている。

そして、何年かかるのか分からないが、いつの日かJビレッジでサッカーが出来る事を。
fukushima_makerannai03.jpg

Dekirukoto_J_zan01.3.2.jpg

そんなことを思ってやまない年に。


posted by zan at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。