2011年07月02日

袴田事件:証拠の衣類5点をDNA再鑑定へ 地検も合意

袴田事件:証拠の衣類5点をDNA再鑑定へ 地検も合意

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110702k0000m040115000c.html

 静岡県清水市(現静岡市清水区)で1966年に一家4人が殺害された「袴田事件」の第2次再審請求で、静岡地検、静岡地裁、弁護団による3者協議が1日開かれ、証拠となった5点の衣類のDNA鑑定を再度行うことで一致した。協議後の会見で弁護団が明らかにした。弁護団の小川秀世弁護士は「鑑定の結果次第では一気に無実につながる可能性がある。大きな一歩だ」と話した。

==========
うわ!これはホントにいよいよかも!

このDNA再鑑定が一刻も早い袴田巖さんの再審につながる事を!

今年6月30日で事件から45年を向かえ、
この8月18日で袴田巖さんが逮捕されてから丸45年が経つ。
死刑囚としては1968(S43)年9月11日に静岡地裁で死刑判決が出てから43年目を向かえようとしている。

袴田巖さんは「拷問」と噂される取り調べ時に一回だけ自白をしてしまった以外は、
一貫して無実を訴えていた。

無実を訴え続け、ここ数年来、精神的な健康が心配される状態にある。

今この瞬間も死刑囚として東京拘置所にいるのです!

どんだけ長いんだ!

袴田巖さんの一刻も早い再審を!

Free Hakamada Now!!!

Free Hakamada Now!_glayB&Rb.jpg


hakenai.jpg charity200702.jpg hakamada01.jpg
==========@zan


posted by zan at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 袴田事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。