2009年11月29日

亀田―勝つ。

WBC世界フライ級タイトルマッチ
●内藤大助 0ー3 亀田興毅○
 チャンピオン (判 定) 挑戦者
      112−116
      111−117
      111−117

亀田選手、完勝。
内藤選手、完敗でした。

試合前、冷静な亀田選手とは対照的に
いつになく高揚している内藤選手。
TVで見てて「内藤、勝ったかな」と思ったら、案に違い、
それが逆の結果を導き出しました。

オレの目は節穴。w

高揚している内藤選手はどうなるんだろう?
という答えを出させない的確な距離と防御で、
内藤の闘志を空回りさせていく。
亀田陣営、そうとう内藤選手を研究していましたね。
ボクは亀田選手をかってはいましたが、
ここまで徹底して作戦通り戦うとは。
もっとセンスを活かすのかと思ったら、
特徴をうまく生かしての作戦勝ち。
本当によく研究していて、勝ち試合に徹したね。
しっかりした守備からの鋭い左カウンターが光ってました。

まるでエメルソン時代の浦和のサッカーみたいw

いい左持ってるね。



内藤選手は、打ち合いに持ち込もうと打ちに行けば行くほど、
亀田選手の効果的なカウンターパンチにあい、
顔面にヒットされていく。
序盤での亀田選手の内藤選手の鼻へのヒットが
その後の試合展開に影響していった感が。
効果的なパンチも、
徹底された亀田選手の守備と距離感でなかなか入らず、
内藤選手は亀田選手の顔を大きく腫らすことも出来なかった。
完敗。
亀田側の作戦にまんまとハマった感じ。
内藤選手、強いて言えば、
今までは、たとえ自分がチャンプでも相手をリスペクトし
あの手この手を使ってたが、
今回は「自分が上」の戦いをしていたような気が。
むしろ亀田選手の方が内藤選手をリスペクトして
そうとう作戦を練り込んでたね。
内藤選手は真っ直ぐ戦おうとしていて、
作戦やかけひきで、あれやこれやの工夫が足りなかったね。
力が入ってて?鋭く相手をとらえに行く感じが封殺されてた?
っていう感じがした。

真っ直ぐ戦いたかったのかな?
期待を背負い気負い過ぎた?

とにかく「経験値では内藤選手」と思っていたら、
亀田選手の方がそのお株を奪う老獪な試合運びを演じた試合でした。


内藤選手、お疲れさんでした。
内藤選手、純なボクシングだった感じでした。
それを存分に見せられた気がします。
どっちかっていうと、最近の東京のサッカーっぽいね。w

道理で東京は浦和に弱いわけだw。。。orz


亀田選手もお疲れさま。
そしてチャンピオンおめでとう。
勝利に徹した戦い、お見事!

==========@zan
以前の内藤-清水戦がずいぶんと亀田選手の参考になったかと。

亀田選手のあのガードを誰が打ち破るのでしょうか?

池原繁尊選手(横浜光)とか面白くない?
4月の清水智信選手(金子)との試合は衝撃的でした。

フライ級は面白いね。

亀田選手の「旅の途中」は
長谷川穂積選手のことかな?


清水くん、応援してるYo!黒ハート
どんどんこの混戦の中に入ってちょーだいな!
パンチむかっ(怒り)



ん?待てよ。

ポンサクレック!


posted by zan at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。