2008年08月03日

ボクシングW世界戦、行ってきましたYo!

WBCとWBAの、ともにフライ級のタイトルマッチがメイン。

WBCは世界ボクシング評議会 (World Boxing Council)

WBAは世界ボクシング協会(World Boxing Association)

WBAは最も古い世界ボクシング機構で、もともとアメリカ国内のボクシング協会だったため、アメリカの州と他の国が対等な立場になっていて、それに反発が起きてWBCが創られた。

WBCはWBA(アメリカ)、EBU(ヨーロッパ)、BBBC(イギリスボクシング管理委員会)、LAPBU(ラテンアメリカ)、OBF(東洋ボクシング連盟)(後のOPBF;東洋太平洋ボクシング連盟)が対等な立場を求めてできた。。。らしい。

ボクシングの世界はメジャーな世界王座認定団体がWBA、WBC、IBF、WBOとあり、他にも沢山の王座認定団体があるらしい。そのうち日本ボクシング協会が認めてるのがWBAとWBC。王座の乱立は好ましくないというのがその理由のようだが、そこもいろいろとあったらしい。。。大変だ。w

とにかく、このダブルの世界戦がしかも日本人同士で同時に行われるのは初めてのことだ。

==========

で、代々木第一体育館。
格闘技の聖地・後楽園ホールで見てきたワシとしては、ガラ〜ンとした感じで、
陸上競技場でサッカー観るみたいな感じ。w

聖地・後楽園ホールの良さを実感。
ラウンド毎の時間表示も出ないし。
広いところに最初は観客も少ないから、アンダーカード(前座試合)もちょっとスカスカな感じで。。。orz
女子ボクシングもガチな感じが今ひとつ。
っていうかこれは後楽園ホールじゃないからだなと場所のせいにしてみる。
リング上の熱が拡散しちゃうから薄く見えるのかも。(そもそもその段階では客が少ないし。)期待してただけに残念。
対戦カードのあいだの「間」もスカッと間が抜けてる感じで、この料金でこれ?みたいな。
っていうか、後楽園ホールってすごいんだね。

==========

それでも、世界戦前の中広vsヨシケンさん(吉田拳畤)の試合になると、やはりそれなりに面白い。拮抗した試合。
ヨシケンさん、今回名前の字を改名しての再出発戦。前回は清水智信選手と日本チャンピオンの王座をかけて戦い、判定負けで王座を明け渡していた。
今回は清水戦からの修正か、少しダーティの部分を落としての試合ぶり。(…の印象。ワシ、ボクシングは素人なので。)
といってもやっぱバッティングや体当たりは多いけど。w
その分、ガツガツ行く迫力が清水戦と比べるとなくなったかなぁ。。。
結果、判定負け。
どちらにコロンでもおかしくなかっただけに、相手パンチでできた顔のカット(傷)が影響したのか。
試合終了直後、“オレが勝ったぞー!!”といった感じでリング上吠えてアピールしてただけに、アレ?って感じで。w
中広選手は前回の吉田vs清水の戦いを見ていたのか、清水選手の戦法を勉強してたかのような戦い。
勢いで多少押されてただけに、こちらもアレ?って感じじゃなかった?w

==========

ああ、アンダーカードでここまで書いちゃった。w

==========

で、まずはWBA世界フライ級タイトルマッチ、坂田vs久高。
タフで粘り強いチャンピオンに久高選手がどんなボクシングをするのか?
まずは序盤、久高選手、いいパンチをヒットさせてて、好ゲームの予感。
もしや、はじめの方は久高がポイント取ってたんじゃないかな。
が、ラウンドを重ねるごとに坂田の試合になっていく。
この辺がチャンピオンのうまいところ。
序盤は相手を見て、そこから攻略していく感じさえする。
でも決め切れないんだよね〜。結局ズルズルと最終ラウンドまで行っちゃうところも坂田らしい。w
最後はチャンピオン坂田選手の経験の勝利。久高健闘といった試合。

==========

で、WBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助vs清水智信。
清水智信選手は、ワシが袴田さん関係でボクシングに触れるうちに、“結果論”で追っかけていた選手。
2年前くらいから試合を見てたので、
おおっ!Σ、あの選手が世界戦かと感慨深い。

まるで、イチュンソン(李忠成)やチャン(呉章銀)や梶山が北京に出るみたいな感覚。w(FC東京サポしかわからないような表現w)

4月の日本タイトル戦の試合も見に行ってた(ワシの誕生日だった!)ので、清水応援のスタンスで観戦。

が、内藤選手も好きな選手。
しかも袴田さんの支援Tシャツをバンバン着てくれてて、最高に好き!!
会場内でのプロモーションビデオの中でも、Free Hakamada Now!!!Tシャツを着て練習する内藤さんの姿が!!!

袴田さん支援Tシャツって、「絶対に負けられない!」(なにがなんでも!)っていう思いのこもったTシャツだから、
すんごいパワーになると思うわ。
だって、絶対負けられないんだもの!!!マジで。ウォ-!ヽ(`Д´)ノ

でね、ワシ的には最高の対戦なわけ。この上無し!

でも、現場ではね、清水側で応援させていただきました。
さらに大根踊りに馴染みがあったので。w
清水カラーのオレンジのマフラーして。(まるでエスパルスだ。爆)
内藤さん、悪気はありません。これは縁なのです。あなたも大好きです。

嗚呼、文章長くなってスンマせん。。。


でね、w
ガンガン、清水応援しました。
サッカーのゴール裏で鍛えているので、そこらの並の声と違いますよ。w

で、夢見ました。。。

10ラウンドまで。

もしや清水くん、チャンプになるかもと。

清水くんがマットに沈むと同時にワシはスタンディングオベーションで、
「清水、よくやった!」と立ち上がったのでした。
周りの清水応援の方々はガックリで身動きもできない方もおられましたが、
ワシ的にはすぐに身体がそう反応しました。
もちろん、内藤さん勝利で沸いている音にかき消されていますが。
「また次に世界に行こうよ!」
だって、負けても素晴らしい試合をしてたから。素晴らしかったから。

ボクシングの面白さがつまった好ゲームだった。
良い試合だった。
今までボクの見てきた数少ないボクシングの試合の中で最高の試合だった。
アンダーカードの間の悪さもパンフレットの情けなさも帳消し。(続き…を参照)

清水くん、内藤さん、素晴らしい試合をありがとう。
そしてお疲れさま。
また次のところに向かうために、

ひとまずは休んで下さい。

==========@zan

パンフ、金取れる内容じゃないでしょ。怒...スポンサーもついてるし、アレくらいの内容なら配りなさいよ、タダで。お客さん、せっかく高いチケ代払って来てくれてんだから。っていうか、その方が好感度アップすると思うけどな。有料にするんならもっと濃い内容でお願い。。。素人の愚痴でした。<(_ _)>

サッカー場で200円のマッチデープログラム見てるからどうしてもね。
posted by zan at 13:32| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いま、清水くんのブログに行って数々のコメント読んでたら…。・゚・(ノД`)

みんなもいってみ。。。
http://ameblo.jp/tomonobu-shimizu/entry-10121606246.html
Posted by zan at 2008年08月03日 14:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。