2013年09月16日

特別な勝利。

全くごぶさた。
ブログを更新するという事が日々の生活のスパイスだった事が、懐かしいとさえ思われるほど。

だが、
このJリーグ第25節の東京対浦和戦について、
書かずにはいられない衝動にかられている。

20130916 001.JPG
(エルゴラの見出しそのままを拝借。)

この日、昼までの仕事を終え、国立競技場に向かう自分。

ここ二年ほどかつて経験した事の無い夏バテに遭遇し、
自分の体力が落ちている事を否が応でも認めざるを得なくなって、
サッカー場に行く足がすんなり出ずに、
どっこいしょ、ふ〜…と「一休みしてから行く」
という事が常態化していた。・・・のであるが、
この日は仕事から帰って準備し家を出る行為がスムーズに行った。
国立競技場まで電車でも行けるので迷うが、
チャリ通でわざわざ1時間掛けた。。。

浦和戦とはそういう試合になっていた。
…と、今さら思うのである。

毎年「今年こそは浦和に勝とう」という思いでホーム、アウェイの競技場に赴き、
屈辱を持ち帰ってくる年が続いた。
あの記念すべき国立でのナビスコカップ決勝の初優勝の歓喜以来、
そんな事が続いた。

どうしていつも勝てないんだ。

それがもう9年にもなっていたのも知らずに
きょうも「今日こそは」の思いで身体が動いていった。
この日はなんだかいつもより身体が動いた。

待機列の混雑はまさに9年前のナビスコ決勝を思い出させ、
観戦仲間との会話もそういう会話になった。
あの時はあーだった、こーだった…

頑張ってほぼゴール真裏を確保した。
ただふと気がついて、この頃の体力では十分ハネられないのでは…との不安は拭えず、
レッドブルを買ってこれば良かったと後悔。

==========
対岸で元気に「ウラーワレッズっ!」とやってる試合待ちの最中に
もうすぐ改修に入るという国立競技場への思い出を観戦仲間と話をしながら、試合開始を待つ。
2004、2009のナビスコ決勝、福岡戦でのフジのゴール(これは神戸戦と勘違いして話してましたがw)、
嵐のレアルマドリー戦、国立元旦で試合中に地震があった事…
国立競技場の聖火台に火が点き、その下から「T」の字が出てくるイメージを話しながら。(誰か一度やって!)w

==========
試合前に東京オリンピック招致が決まった報告が、
パラリンピックの佐藤真海さんからあり、
その爽やかな笑顔とスピーチが胸に入ってきた。
もともと僕は前からオリンピックより災害と復興対策が東京の先にやるべき事と言ってきた人間だが、
彼女のスピーチはそれでも僕の中に入ってきた…

==========@zan
続きを読む
posted by zan at 19:17| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。